GRADUATER'S Voices

アンを卒業してからが本当のスタート! …活動中の卒業生を紹介

池田 剛紀さんはこんな音楽活動をするベーシスト!

アン・ミュージックスクール 池田 剛紀
アン…まず、アンに入学するまでを教えて下さい。
池田…自分が通っていた高校は、ギター、ベース、ドラムス...etc も教えてくれる様な学校だったんですけど、そこの先生がほとんどアンの卒業生だったんですよ。そこでOBである松野先生(現:アンの講師)に出会って本気でベースやりたくなりました。高校出る頃には「先生を教えた先生」がいるアンに興味が湧いていたので、友人を連れて無料体験レッスンを受けにきました。そこで、樋沢先生にあってかなりの衝撃を受けたんですよ…「これはヤバい!」みたいな(笑)。もう、即入学を決めましたよね。
アン…アンで学んだ事って何ですか?
池田…技術的な部分ってのは努力するのが当たり前だから、上手くなって当然だと思うんですよね。だから、大事なのは「心意気」と「プレイの幅広さ」じゃないかなって。そういう意味では、先生と色んな話をしたからプロの「心意気」を学べたし、自分からは絶対やらないジャンルを授業内で分かり易く理解させてくれたのは良かったです。もし、アンに来てなかったら絶対にロックかパンクしかやってなかったと思う(笑)
アン…今の活動について教えて下さい
池田…今は3つのバンド掛け持ちしてます。どれが中心とかって意識は特に無いんですけど、最近忙しいのは「Pleasant Noiz」ですね。今のメンバーになって2年目なんですが、地道にファンも増えてきました。最近では、イベントでもトリになる事が多くなってきたから嬉しいです。繋がりも広くなってきたので、今後は自分達でもイベントを企画してガンガン盛り上げて行きたいと思ってます。
アン…活動といえば、最近TVCMでてますよね?
池田…宣伝ありがとうございます(笑)それは先日、楽曲を投稿してラジオCM出演権を獲得できる「LIVE ON FLET'S光」で「FLET'S光 デビュー賞」を取った事からきてるんです。「FLET'S光 デビュー賞」の特典としてラジオCMに出演したんですけど、色々な方々に気に入って頂けたみたいで、その後もTVCM・ラジオ、雑誌出演まで決まったんですよ。TVCMでは自分達の曲をBGMにできませんでしたが、WEB上では受賞した曲「サウンドマニア」が試聴できる様にして頂けました。この機会を活かして、自分達から積極的にイベント企画やライヴをやっていく事で、少しでも多くの人達に自分達の音楽を楽しんでもらえたらと思っています。
アン…これからの目標を教えて下さい。
池田…目標として「プロミュージシャン」を掲げる気はあまりないんですよ。といっても、これはプロになりたくないとか変な意味じゃなくて(笑)自分の中には「人を楽しませる人間でありたい」という気持ちがあって、その機会を作り続ける「イベンター」みたいな存在でありたいと思っているからです。その「興行」の中で、自分はベーシストとして一番にお客様を楽しませる人間でありたいと考えています。目標にしては、曖昧ですけどそうなる為に努力していくつもりです。
アン・ミュージックスクール東京校
アン…後輩へのアドバイスとかありますか?
池田…特にないです(笑)自分自身もまだまだですからね。ただ、自分として気にかけている事と言えば「他人を意識した時に、なめられない」「観客よりも音楽の楽しさを知っている存在で有り続ける」って事ですかね。
常に自分の意識を高めとく為に、闘争心みたいなものは必要だと思います。それと、楽しませる側にいる以上、観客が知っている楽しさよりも更に深く広く楽しさを知らないとダメですよね。だから、これからも色々な物に興味を持って楽しさを提供できる様になるつもりです。