GRADUATER'S Voices

アンを卒業してからが本当のスタート! …活動中の卒業生を紹介

『ジムノペディ』

アン・ミュージックスクール ジムノペディ 作品

ジムノペディ・オフィシャルサイト

SONY MUSIC ARTISTS所属)に相良 年宏がギタリスト、畔上 加菜子がキーボーディストとしてメンバー参加。 ジムノペディー活動経歴・・・2002年11月にファーストミニアルバム『雨、所により花吹雪』を発表後、2003年8月にマキシシングル『ヒメゴト花火』をリリース。同年11月には2ndマキシシングル『恋じかけのワルツ』のリリースをかわきりに、テレビ朝日放送の番組「Mの黙示録」で“11月のネクストブレイクアーティスト"としてプロモーションビデオが紹介され、また楽曲『恋じかけのワルツ』がテレビ神奈川放送の番組「HAMA大国」のエンディングテーマに起用されるなど一気に注目が高まり、日本テレビ放送の番組『AX MUSIC-TV』では5週連続でプロモーションビデオが紹介されるなど、"ロック・ジャズ・ファンク・ラテン・ムード歌謡"・・・といった変幻自在なサウンドと物語性のある独特な詞の世界観を持つ『ジムノペディ』は音楽業界、テレビ、ラジオ他、各方面から今熱い注目を集める新鋭バンドなのです。

アン・ミュージックスクール 畔上加菜子

畔上加菜子さん

2001年度4月生/ピアノ科/
セレクティブコース+研究過程
アンでは2年間在籍し、ピアノ実技の基礎+研究過程を欠田芳憲先生に学ぶ。

アン・ミュージックスクール 相良年宏

相良年宏さん

2001年度4月生/ギター科/
セレクティブコース+研究過程
アンでは2年間在籍し、ギター実技の基礎+研究過程を伊谷希先生に学ぶ。

アン…プロになったきっかけは?
畔上…実は前任のギタリストがアンのOBだったのです。その方に誘われて2001年12月頃にこのバンドに参加しました。ところが、そのギタリストが別のバンドで忙しくなり、バンドを抜けてしまったのです。
相良…それで僕がギターで加入することになりました。加入後すぐにライブやレコーディング活動が忙しくなってきました。そして1stアルバムをリリースした時のインディーズレコード会社「MEGAFORCE CORPRATION」に活動実績を評価され、その会社からの紹介で2003年6月よりSONY MUSIC ARTISTSに所属し、本格的なプロバンド活動に入りました。
アン…なぜアンに入学を決めたのですか?
畔上…私は子供の頃からクラシックピアノをやっていました。高校を卒業したらコード理論などのポピュラーミュージックの基礎がしっかり学べて、幅広いジャンルでバンド活動が出来る仲間をたくさん作りたいと思い、それが実現できそうな音楽学校を探しました。そしてアンを見学して「ここなら、それが実現出来る」と直感したからです。なぜかというと、アンでは生徒一人ひとりに担当カウンセラーがいてマンツーマンで生徒の音楽面から生活面、メンタル的なことまで様々な相談に対応してくれるところに安心感を感じたからです。他のスクールも見たけど、どこか事務的で・・・。
相良…僕も同感です。高校卒業後に2年間働いて、学費や引越し代、生活費を貯めてから学校に通おうと考えたので、絶対に無駄にしたくないという気持ちは人一倍あり、かなり慎重に学校を選びましたね。事務的に入学するかしないかの意志決めを催促される学校が結構多かった中で、アンはその辺りが他とは全然違う感じを受けました。何しろ音楽は人とやるものですから、そこのところを一番分かってくれるところがアンの魅力ではないでしょうか。ここなら自分の夢に近づけると本気で思えたんですよね。
アン…アンでの思い出やエピソードなどを聞かせてもらえますか?
畔上…色々ありましたが、1年の時に行ったサマーセミナーが一番楽しかったですね。地方から出て来たばかりで、知らない人達ばかりの中に飛び込んだので不安だらけでしたが、参加したおかげで生徒や先生方とも打ち解けられ、良いつながりができました。その後も、仲間や先輩方との交流の中で得た多くのことが今の自分の音楽思考に良い影響を与えたのだと思います。
相良…それと、学内でのセッション大会、サークル活動、仲間とのバンド活動などでも、かなり強い刺激を受けられましたね。それがプレイにも人間的にも幅ができた要因だと思います。
アン…今後の活動予定を教えて下さい。
相良…これから更に『ジムノペディ』の活動も盛んになると思います。既に2004年3月には『ジムノペディ』の2ndアルバムのリリースが決まっており、只今レコーディングの真っ最中です。
畔上…レコーディング後にはライブも決まっています。もしよければホームページでジムノペディの情報を覗いてみてください。そして是非ライブに来て下さい。
アン…これからミュージシャンを志す方にメッセージをお願いします。
相良…何をするにも成長過程ではスランプに陥ることもあると思います。目先のことに捕らわれずに将来のビジョンを見失わずにしっかりと進んでください。アンの一番良いところは仲間と良い刺激をし合えるところだと思います。そういう仲間がいるからこそ、いろんな壁を乗り越えられるんだと思います。仲間と共に本気で音楽を楽しんでください。
畔上…アンでいろんなことを経験し、もまれてください。そういった中からきっと自分に合った本物の音楽が見つかると思います。

『兎USAGI』

アン・ミュージックスクール 兎usagi ライブ

兎USAGI・オフィシャルサイト

(白井)1997年〜自己のバンド『Swe-Be』のメンバーとして『西田ひかる』のステージサポート、レコーディングに参加。2000年『もりたかし』等のJPOPアーティストのサポートをする一方、新人アーティストへの曲の提供などで活動。(御城)ミュージカル『ジャニスに捧げる』(青山円形劇場)、『ロボット』(横浜アリーナ)に出演。またミュージカル『UCCトップミーティング』(帝国ホテル)では主役を務める。その後、『BROWN SUGAR』の名前でソロアーティストとしてイーストウエストジャパンからメジャーデビューし、シングル2枚をリリース。2001年〜『つのだ☆ひろ』のバックコーラスに参加し、ライブ、レコーディングで活動。2003年10月『ASHANTI』の国際フォーラムコンサートのオープニングアクトを務めたHIP HOP系新人アーティスト『ASUKA』のバックコーラスに参加。その他多数の新人アーティストのバックサポートでも活動。 2002年に『兎USAGI』を結成。2003年発売のプレステ2の大人気ゲーム「Pop'n music 8」に楽曲提供。同年9月に行われた「Tokyo GAME SHOW 2003」のイベントにゲスト出演。また同じ頃、フジテレビ主催のオーディション番組「クラリオンアゼストミュージック オーディション」に参戦。全国から6417組という厳しい審査の中から見事グランプリを受賞。今後の活動が注目されている。

アン・ミュージックスクール 御城冨美/fumi

御城冨美/fumiさん

1991年度4月生/ヴォーカル科/
マスターコース+研究過程
アンでは3年間在籍し、ヴォーカル実技を山下美音子先生に、ヴォイストレーニングを金子恵先生に学ぶ。

アン・ミュージックスクール 白井創/haja

白井創/hajaさん

1992年度4月生/ベース科/
セレクティブコース+研究過程
アンでは2年間在籍し、ベース実技の基礎+研究過程を石橋敬一先生に学ぶ。

アン…プロになったきっかけは?
白井…卒業後にアンからオーディションを紹介されて、『西田ひかる』さんのサポートバンドに入ったのがプロとしての最初の仕事でした。その後は各方面からライブやサポートの依頼を受けるようになり、そろそろ自分のバンドで「一発やるか」と思いオーディションに出したところ、グランプリを受賞しました。これからが勝負ですね。
御城…私もアンからの紹介でオーディションを受けて、ミュージカルに出演したのが最初でした。その後もアンから引き続きオーディションの話をいただきましたね。『つのだ☆ひろ』さんのサポートコーラスもそんな中から参加させていただきました。
アン…なぜアンに入学を決めたのですか?
白井…手を抜かずに基本からしっかり学びたかったので、そういう音楽学校を見つけるためいろんな学校を見学しました。アンには"厳しい中で自分を磨ける"という印象を持ちました。また、地元の先輩からも「アンがいいんじゃない!?」と勧められたのもありアンに決めました。
御城…プロになりたいと真剣に考えていたので発声などもしっかりと教わって何時間ものステージでも耐えうる発声法を身に付けること、自分の声の音色を限界まで追求したいと思っていました。そんな中、見学したレッスンで山下先生の歌声を聴いてここで学びたいと思いました。
アン…アンでの思い出やエピソードなどを聞かせてもらえますか?
白井…やっぱり、1年の時のサマーセミナーはむちゃくちゃ面白かったです。それ以来仲間も増えて皆で競い合ったのがすごくよかったです。自分はライバル達に負けたくないという気持ちが人一倍強くて、実は陰でよく練習していました。スタッフとも和気あいあいと交流できる等、学校の事務局もアットホームで居心地も良かったですね。
御城…私も同世代のライバルに刺激されました。アンのスタジオからライバル達の歌声が聞こえてくると、負けじと自分も声を出すという感じでしたね。とにかく仲間達と朝から夜遅くまで学校に入り浸り、音楽だけじゃなくさまざまなことを語り合っていました。懐かしいですねー。
アン…今後の活動予定を教えて下さい。
白井…2004年はクラリオンのカーオーディオCMに『兎USAGI』の曲と映像が流れるかもしれません。そのためにプロモーションビデオの撮影にそろそろ入る予定です。その後はマキシシングルのリリースも予定しています。
御城…これからも多くの人に曲を聴いて貰える様に頑張ります。
アン…これからミュージシャンを志す方にメッセージをお願いします。
白井…アンには学べることがたくさんあるでしょう。しかし、学ぶだけでは不充分です。アンで獲得した全てを外の世界で試し、活かして下さい。そして、何ごとにもめげない精神力を付けてください。プロとして続けていくには精神力と体力、これが必要ですね。
御城…アンで多くを学んだことが、自分の音楽の引き出しになっていた事を、プロの現場に出て気づきました。それが、現場でのいろいろな要求や難関をクリアする素になっているのだと思います。皆さんも頑張って下さい。