トップページへ資料請求無料体験レッスン

GRADUATER'S Voices

アンを卒業してからが本当のスタート! …活動中の卒業生を紹介

アン・ミュージックスクール 村谷ゆうすけ

村谷 ゆうすけさんはこんな音楽活動をするミュージシャン!

高校卒業後、上京しAN MUSIC SCHOOLに入学。
w,bassを斉藤 誠、納 浩一、e,bassを樋沢 達彦、といういずれも日本のトップベーシストに師事する。
またクラシック奏法を、日本フィルハーモニー交響楽団・首席コントラバス奏者の高山 智仁氏に師事する。
在学中より、ライブ活動や、セッションワーク、スタジオワークを精力的に行い、同校e,bass、w,bass両科とも、授業料全額免除の特待生で卒業。

卒業後は、セッション・ベーシストとして、Jazz,Funk,R&B,Blues,Latinなど、ジャンルを問わず様々なバンドに参加。
またPops系のアーティストのサポートなど、更に活動の場を広げている。

また、2007年10月より、mitsuko(vo)、若林 稔(p)、三島 博行(ds)等と共に、jazzバンド「mouve」(モーブ)を結成し、都内ライブハウスなどを中心に活動している。
2008年11月には、mouveの1stアルバム「光と影」を発表。
関東各地で「光と影」発売記念ライブ、発売記念イベント、また九州では発売記念ツアーを行い、いずれも大成功をおさめる。

アン・ミュージックスクール 村谷ゆうすけ
アン…音楽学校に通おうと思った動機、またアンに入学を決めた理由をお教え下さい。
村谷…もともと音楽が好きで、音楽を仕事にしたいと思っていました。
ANに決めたきっかけは、学校見学に来た際に見たアンサンブルの授業のレベルがすごく高かったからです。
あと学校の雰囲気がすごく良かったのも、決め手の一つですね。
アン…実際にアンで学んでみていかがでしたか?
村谷…まず基礎からしっかりと学べた事が良かったです。楽器の構え方から、指の使い方、楽譜の読み方、リズムの感じ方、アドリブの組み立て方、音楽理論など、実際に仕事の現場で役に立つ内容ばかりでした。特にウッドベースは、どれだけ基礎がしっかりできているかが物を言う楽器なので、ANで教わったシマンドルや、スケール練習は本当に役にたちました。プロになった今でも基礎練習として毎日やっています。
あと同じ目標をもつ友達ができたのも良かったです。先輩や同期の人達と切磋琢磨しながら学べたのは、何より良かったと思います。
アン…プロとして活動を始められてから、現在の活動に至った経緯をお聞かせ下さい。
村谷…僕の場合、最初はジャズのセッションの仕事からはじめました。そこで知り合ったミュージシャンの方達がまた仕事を振ってくれたり、更にその先でまた新しくミュージシャンと知り合ったり・・・、その繰り返しですね。
その中で現場で知り合った仲間達数人でバンドを始める事になり、「mouve」を結成しました。そこから先は、CDを出したり、ツアーに出たり、タワレコやHMVでインストアライブやったり、横浜ジャズ・プロムナードに出演したり、Motion Blueに出演したりと段々と活動の幅が広がって行った感じです。
あとそれらとは別にANの先生方からお仕事を紹介して頂く事もよくありました。特にギター科の直居隆雄先生には本当に良くして頂いて、色んなお仕事を紹介して下さいました。今でも現場でお会いする事があるんですが、いまだに頭が上がりません(笑)。本当にお世話になってます。
アン…仕事現場でのエピソードがあれば教えて下さい。
村谷…仕事現場での話しではないのですが・・・、先日仕事をしたとあるライブハウスにチューナーを忘れてしまいました。そこで後日そのライブハウスにチューナーを取りに行くと、その日の出演が、僕が最初にウッドベースを習った納浩一さんで、久しぶりにお話をしました。色々とお話をしていると、ANに通っていた頃の事を思い出して「僕も初心に帰って、もっともっと頑張らなくては!」と思いました。もちろんその日のライブも観て帰ったんですが、本当に素晴らしい演奏でしたね。・・・余談ですがチューナーは無くなってました・・・(笑)。
アン…今後の活動予定や抱負をお聞かせ下さい。
村谷…まず「mouve」の次のアルバムのレコーディングが決まっていて、今はプロデューサーの方と色々詰めている状態です。これから最終的なアレンジを決めたりだとか、大変な作業が残ってますが、良いアルバムにする為に頑張りたいです。 僕個人としては、今は一つの転換期だと思っていて、この一年くらいで自分の理想のベーシスト像が少し変わってきていて、それに伴って新しい事に色々チャレンジしている所です。 様々な仕事を経験したり、色々な人達に出会う中で、自分の未熟な部分や、避けては通れない課題に気付かされました。これからの抱負としては、それらの課題に一つ一つ向き合い、ベーシストとしてもっと成長したい!という事です。 数年後にベーシストとして更に成長した姿を、ANに報告できる様に頑張ります。
アン…最後に、プロのベーシストを志している読者の方へのアドバイスやメッセージをお願いします。
村谷…そもそもそんな偉そうな事を言える立場ではないのですが・・・、音楽を楽しんで続けてほしいですね。 どんな事でもそうだと思いますが、何か一つの事を続けるって本当に大変です。好きで始めた音楽も続けていくうちに、つまらなくなったり、できない事があって苦しくなったり、飽きちゃったり・・・。でも本当に音楽が好きなら、そういう時こそ、楽しみながら、好きっていう気持ちを持ちながら音楽に接して欲しいです。 僕自身もこの気持ちを持って、この先更に精進していきたいです。
音楽学校アンOB村谷ゆうすけ

mouve
1stアルバム「光と影」

\2,000-(mouve records)
1. I ntro
2. 流線
3. Soul Mate
4. The Magic Of Smile
5. Interlude
6. 光と影
7. CINEMA

mitsuko(vo)若林 稔(p)村谷 有祐(b)三島 博行(ds)
Special Gest/浜崎 航(ts,ss,fl)

<主な共演歴 Jazz系>

  • ・赤坂由香利(vo&p)・直居隆雄(g)・藤陵雅裕(as)・佐藤達也(ts)・岩谷耕資朗(g)
    ・浜崎航(ts)・堀秀彰(p)・池長一美(ds)・萩谷清(g)他

<主な共演歴 Pops系>

  • ・Jeffrey Trambley(vo)・Rex Angeles(vo)
    ・他ミュージカル俳優やインディーズアーティストのサポート多数