GRADUATER'S Voices

アンを卒業してからが本当のスタート! …活動中の卒業生を紹介

アンの卒業生をバック・アップする機関としてアン・クリエイティブ・ステーションが存在します。ここでは、音楽業界から寄せられる数多くのオーディション情報の中から質の高いものを選りすぐり、優秀な卒業生の方々を中心に斡旋紹介しています。音楽業界で活躍するアンの卒業生は大変多く、『レコード会社のプロデューサー/ディレクター』を筆頭に、『スタジオ・レコーディング・プレイヤー』、『アーティスト・サポート・プレイヤー』、『コンポーズ/アレンジャー』、『セッション・プレイヤー』、『ミュージカル・プレイヤー』、『音楽制作全般(TV、CM、イベント他)』、『DTM/マニュピレーター』、『舞台制作』、『音響エンジニア』他・・・、音楽商業分野全般に渡り広く活躍されています。そんな明日の音楽を担って行く、活動中の卒業生を紹介します。

アン・ミュージックスクール 柴田敏孝 キャッチフレーズ
アン・ミュージックスクール 柴田敏孝 & 村上ポン太秀一 アン・ミュージックスクール 柴田敏孝

柴田敏孝さんはこんな音楽活動をするミュージシャン!

日本のトップドラマーと言っても過言ではない『村上“ポンタ”秀一』氏の国内活動を目的とする『NEW PONTA BOX』のピアニストとして参加することになる。若干21歳の柴田さんの音楽感性は国内のベテランピアニスト勢に負けないとポンタ氏が認めた『本物』のピアニストなのです。そんな柴田さんのお披露目となるNEW PONTA BOXでのデビューライヴが、昨年の8月21日に新宿ピットインにて行なわれ、そのライヴでの柴田さんの演奏は、音楽専門誌『ジャズ・ライフ2004/10月号』でインタビュー掲載される位に大きな話題を集めました。
又、NEW PONTA BOX以外にも、ハウス・ミュージック系アーティスト“calm”(カーム)のライブサポートやレコーディングにも参加する等、これからの活躍を最も期待されるピアニストなのです。
PONTA BOXでの活動予定についてはこちらからどうぞ!!
http://www.bug-corp.com

今号ではそんな柴田さんにスポットを当て、卒業後のことや今後の展望についてお話し頂きました。

アン…今日はお忙しい中、ご来校頂き本当にありがとうございます。
柴田…いいえ、こちらこそ呼んで下さってありがとうございます。
アン…今、アンの後輩もOB達も柴田さんがPONTA BOXに参加する話題でもちきりですよ。でも今思えばアン在学中の頃から本当にあなたのピアノは素敵でしたから納得はできますけどね。では早速ですが、幾つか質問させて下さい。
柴田…はい、何なりとお答えしましょう(笑)
アン…『NEW PONTA BOX』のメンバーになったエピソードを聞かせて下さい。
柴田…2003年5月にヘルプとして参加したバンドのライヴで、たまたま対バンとなったバンドのキーボーディストがポンタさんの楽曲アレンジをされている方で、その時に僕の演奏を大変気に入って貰えました。後日その方から連絡が入り、今度はポンタさんのマネージャーさんとお会いする事になったのです。いろいろとお話しをさせて頂いているうちに意気投合し、マネージャーさんから『ポンタさんのプロデュースであなたのソロ・アルバムを出そう』と言う話にまでなってしまいましたが、その時点ではまだ自分のプレイをポンタさんは知らないのです(笑)早速、ポンタさんに僕のピアノ演奏をビデオで見て頂いたのですが、それがビデオでも僕の演奏を大変気に入って貰えたのです。数日後、留守番電話に『ポンタですが、君の演奏のビデオを見て気に入ったので電話しました。もし、俺でよかったら是非一緒に演りたいんで電話をください。』と入っていたのには『もの凄く感動!』しました。あのポンタさんが、見知らぬ自分なんかに、声をかけてくれるなんて、本当にピュアな気持ちをお持ちの方なんだな〜とその時思いましたね。すぐに電話したのは言うまでもありませんね(笑)そして初めてお会いした時に、この方とは何か波長が合うと直感しましたね!ポンタさんもそう思って下さったのか、毎日のようにお酒を飲みに誘ってくれ、いろんなお店に連れて行ってもらっては、ポンタさんの知り合いの方々に僕を紹介してくれましたね。ポンタさんに紹介される方々は音楽関係やミュージシャンでは無い方の方が多かったですね。世界観や価値観がポンタさんと似ていて、且つ音楽業界とは違う別世界でトップを張る方々と接する方がより良いエネルギーを貰えると、ポンタさんはそういう考え方をする人なんですね。僕も共感してしまいました。
アン…アンに入学したきっかけは何だったのですか?
柴田…音大付属の音楽高校を卒業したら海外で音楽を演るのが夢でした。そこで留学について高校の先生に相談すると、偶然にもアン加古学長の弟さん(通っている音大のトランペット科講師)と、とても仲が良いらしく僕の留学について相談したところ『海外に行って音楽をやりたいなら、先ずは日本でしっかり学んでからが良いと思う』とアンを薦めてくれたのです。それに、もともと独学でジャズ等を勉強し演奏活動も始めていたので、『自分の音楽レベルがどの程度通用するのものなのかを確かめたい』という理由もあって、アンに入学したのです。
アン…アンでの一番印象に残っていることを教えてください。
柴田…アンでの勉強もさることながら、何といっても共感できる音楽仲間が沢山できた事が、もの凄く良かったと思います。高校までは身近に同じ年代の音楽仲間しかいなかったせいもありアンに来て同じ目標/目的を持つ仲間から、良い刺激をたくさん得られました。その仲間とは今でも一緒にバンドをやったり、遊んだりしています。アンの待合室である一階のロビーでは、生徒同士が音楽情報や音楽談義に花を咲かせ、一流の講師の方々とも世間話感覚で話しが出来るとてもアットホームなところです。そこから得られることはたくさんありましたね。
アン…日頃からプレイヤーとして意識している事はありますか?
柴田…そんなに意識してやっている事は多くはありませんが、ひとつやっていることは『自分をわざと追い込む・・・』と言う事を良くやりますね。経験のない仕事や『これは辛いな〜できるかな〜』と思う事でも、それを無理やりでも自分にやらせる様にしています。プレッシャーを乗り越えてこそ次のステップに進めるというか、自分のレベルアップに繋がるのだと信じて成し遂げます。後々で「あー、あの時あれをやっておいて良かったな!」と思えるものだと思います。
アン…今後の活動予定を教えてください。
柴田…2005年1月には『NEW PONTA BOX』のライブ・ツアーを予定しています。これが出るころには、ツアーは終わっていますね(笑)それから3月にはアルバムのレコーディングです。リリースの時期はまだ決まってないのですが、早ければ5月頃にでも発表する予定です。
アン…今後の抱負を聞かせてください。
柴田…今、ポンタさんから様々な力を得ています。演奏の勉強もさせて頂いていますが、同時に人生勉強もさせて頂いています。ここでの経験を生かし、この勢いのまま世界を代表するピアニスト、キーボーディストに絶対成りたいと思います。これが昔からの僕の夢なので・・・。絶対になれると信じ込むポジティブな思い込みがとても大事なのだと思っています。
アン…これからプロミュージシャンを志す方にメッセージをお願いします。
柴田…音楽はエネルギーです。音を通してその時々の演奏家の内面が現れるのものだと思います。ですから普段から自分の内面を磨く為にも様々なことにチャレンジして行く事が大切だと思います。それと強い意志をもって将来の目標に取り組むこと。他人から見ればただの思い込みかもしれませんが、思いの強さが、今後の自分の人生を左右するのだと思っています。思い込むためには当然努力して自信をつけなければなりません。アンで仲間と共にしっかりと学び、自信をつけて下さい。
アン…今日は大変面興味深いお話しや参考になるお話をお聞かせて頂けたのでとても楽しかったです。これからのご活躍が本当に楽しみです。又、ニューアルバム等が発表になりましたら、そのお話でもインタビューさせて下さい。今日はお忙しいところありがとうございました。
柴田…いいえ、こちらこそありがとうございました。今度、僕のステージを是非観にいらして下さい。宜しくお願いします。
アン・ミュージックスクール 高田みち子 キャッチフレーズ

名門レーベル“ソニー・ジャズ”初の日本語歌詞アルバムにて堂々のメジャーデビュー!

+高田 みち子&アルバム紹介+
アン・ミュージックスクール 高田みち子 作品

SONY JAZZ
SICP-10012

  インディーズ・シーンでは既に注目を集めていた高田みち子さんが、ソニー・ジャズより2004年11月17日にファーストアルバム『Night buzz』を発表、メジャーデビューをしました。彼女はこれまでも、“つのだ☆ひろ”氏をはじめとする数多くのアーティストのステージサポートやレコーディング、作詞/作曲家としては松たか子さんへの楽曲提供等を手掛けた、実力派シンガー・ソングライターです。彼女の滑らかな歌声は“上手い”だけではない“心に染み入る存在感”があります。そんな彼女のデビュー・アルバム『Night buzz』は、ちょっとほろ苦さを感じさせるラブソング集。彼女の楽曲には、生きる事のほろ苦さ、喜び、懐かしさ、新鮮さを合わせ持ち、世代を超えた人々の心に響くメッセージが詰まっています。又、そのサウンド・プロデューサーに、あの山下達郎や数々の有名アーティストを手掛けられた、ギタリストの松木恒秀氏が担当する等、ソニー・ジャズ初の日本語詞による秀逸なアルバムなのです。 オフィシャルHPはこちらからどうぞ!!
http://members.aol.com/michikies/