ドラム科 人機授業のご紹介 体験レッスンはこちら

ドラム実技

この授業の特徴について

・あらゆるスタイルやジャンルに対応できる総合的な力を身につけられる。
・短期間で成長出来る効率的なトレーニングを行える計画的なカリキュラム。
・個性を尊重し、一人一人に合わせた内容で、自分だけの音・スタイルが習得できる。
・講師毎に独自のカリキュラムを持っている為、個性的な授業が楽しめる。しかも、講師同士の連携が強く、どの授業も結びついており総合力に繋げる事が出来る。

トータルバランスに優れたドラマーを育成。3つの柱であなたを確実に成長させます。 成長ステップのイメージ ※受講者のレベルや成長スピード等により、下記プランから変更されることがあります。 エクササイズの例 成長ステップの解説 ※受講者のレベルや成長スピード等により、下記プランから変更されることがあります。
Dr科講師 樋口晶之・植田充弘が語る アンのドラム実技
◎まず、アンならではのポイントを教えて下さい。
樋口先生「マンツーマンの学校は様々あると思いますが、アンでは講師も一緒にドラムを叩きながらレッスンをしていきます。これは、プロの音・グルーヴの中で一緒に練習することで自分の演奏と比較し『何が違うのか、足りないのか』を体感出来ます。定期的に、一流のプロと一緒に演奏する経験値は、他の学校も簡単に用意できるものでは無いと思います。
また、アンでは意欲的な生徒も多いので、お互いにライバル意識を持って授業に望めるのも良いですね。」

植田先生「私も樋口先生もそれぞれが計画的なカリキュラムを持ってレッスンしていきますが、両方受けてもらうと相乗効果が出る様にも作られています。各レッスンのクォリティは勿論のこと、講師陣が連携をとって生徒を様々な視点から育成できるのはANならではだと思います。」
◎生徒さんへのアピールをお願いします。
樋口先生・植田先生「独学では、リズムパターンの練習や曲のコピーといった限られた練習になってしまうと思います。ロックでも、ジャズでも、ポップスでも、インストでもジャンルは関係なく、ドラマーに大切なのは『バンド・サウンドの中で自分が表現したい音のイメージ(感性)と、それに反応する身体(運動能力)があるかどうか』です。
その為に、アンでは『四肢独立』を目的として、両手・足を自在に動かせる様なエクササイズを段階的に進め、イメージを実現させる身体を作ります。そして、安定した揺るぎのない基礎という土台があるからこそ、感性に沿った演奏が出来るので、より感性が磨かれていく結果に繋がります。どんな生徒でも、計画的に育成していけば、感性も運動能力もどちらも上達・向上するものです。
また、レッスンで大切にしているのは、何を意識しながらやるのか、何の目的があるのかを丁寧に説明することです。レッスンの意味を深く理解してもらい、独学やグループレッスンでは到達できない成長速度を実現していきます。」
◎アンの魅力を教えて下さい。
樋口先生・植田先生「アンは、詰め込み式のレッスン・カリキュラムではなく、音楽にのめり込める内容になっています。ドラム実技だけではなく、マーチング・コースタイルをベースにスティックコントロールを向上させる『ルーディメンツ・トレーニング』柔軟かつ安定したリズム感を習得する『リズム・トレーニング』バンドで様々なジャンルを演奏する『バンド・アンサンブル』などANだけのオリジナル教材を使用した授業もあり、ドラマーとして必要な能力を短期間で効率良く伸ばす為のバラエティに富んだ授業が用意されています。
また、マンツーマン・レッスンなので、バンド経験のある中級・上級者、ドラムを始めたばかりの初心者にも、一人ひとりに合わせた上達の早いレッスンはとても魅力的だと思います。アンのドラム科では『生徒の個性を大事にして、自分の音・スタイルを発見してもらう』をテーマにしているので、一度無料体験レッスンを受けてみて欲しいと思います。」