今すぐ体験レッスンを申し込む

体験日程
今すぐ体験レッスンを申し込む
活躍中の卒業生達
笠木新一

ボイストレーナー
笠木新一 プロフィール

東京芸術大学卒業後、役者として劇団四季へ。歌・芝居の発声を実践的に修行し、そこで培ったノウハウを後進の指導に生かす為にヴォイストレーナーとなる。現在はANを中心にヴォーカリストの育成に情熱を注いでいる。“モーニング娘。”等のヴォーカル指導でも話題となり、その熱血ぶりと指導の高さには定評がある。


石崎千穂

ボイストレーナー
石崎千穂 プロフィール

4歳でピアノを始める。高校在学中にミュージカルに目覚め、東京音楽大学に進み、声楽専攻。ジャズダンスを始めるとともに、企画、構成、演出すべての手作りのミュージカルグループを結成。ミュージカルでは、スタッフ、稽古場ピアニスト、歌の指導。ANでは、ボイス&ボーカルトレーナーとして精力的に活躍中。


長田 俊太郎

ボイストレーナー
長田 俊太郎 プロフィール

ANでボイストレーニングや音楽理論・作曲などを学ぶ。在学中は石崎千穂氏・笠木新一氏・羽岡仁氏に師事。修了後、アカペラユニット「the☆free style」をはじめとする数々の音楽活動を経てボイストレーナーとなる。都内の高校から音楽プロダクション内の養成所などで幅広い層の指導にあたっている傍ら自身のライヴ活動や作詞家としての作品提供なども行っている。


塩谷 恵美子

ボイストレーナー
塩谷 恵美子 プロフィール

AN在学中は亀渕友香氏に師事。ソウル、ロック、ゴスペルを学ぶ。Saltie名義で2006年テレビ東京『美の巨人たち』エンディング、南佳孝とのデュエット曲でCDデビュー。ソロ活動と共にSEKAI NO OWARI、トータス松本、スティービー・ワンダーSUMMERSONIC2010クワイア参加、レゲエアーティストのサポートワークも続ける。ポップスを中心に様々な音楽性のアーティスト育成に関わりメジャーアーティストのトレーニング、プロダクションでの養成に力を注ぐ。自身の経験を元に、自由に表現する為のフィジカルトレーニングと実際の楽曲へのアプローチ方法を分かり易く伝える事を心がけている。


笠木新一ヴォイストレーニング無料体験レッスン以外にも、”ヴォーカル実技”の体験レッスンも毎週土曜日に行っています!
本物のボイストレーニング 講師山下美音子

ヴォイス・カンパニー(=ヴォーカル科)
ヴォーカル実技講師 山下美音子先生のコメント

» ヴォーカリストを目指す方々へ
 歌うことが楽しい。歌を通して「想い」を自由に表現し、「心」を的確に伝えたい。そして、個性を持ったプロフェッショナルになる為の将来を切り開きたい。それがヴォーカリストを目指す方々の共通のお考えではないでしょうか。
 「歌う」という行為は、特別な訓練を受けなくてもそれなりに歌えるという側面もありますし、時として声質と独自の歌い方によって優れた個性につながるというケースがあるのも事実です。

では、ヴォーカリストとして学校では何を学んだら良いのでしょう?

 音楽は、どれも楽器という道具を用いて演奏されますが、言うまでも無くヴォーカルにはそれがありません。ヴォーカリストの身体を含めた「声」そのものが楽器であり音楽となります。誰もが元々持っている楽器で自由に演奏ができるという点から、歌うことは独学でも修得できると思う方がほとんどです。ただ、ヴォーカルを教える側の人間として「声」という楽器を捉えてみますと実に特殊であり、いざ鍛えるとなると「発音体の声帯のみならず身体全体が関係するだけに、独学でその演奏技術を修得することはとても難しい」といえるでしょう。
 プロのヴォーカリスト(声という楽器の演奏家)を目指す以上は、先ずは、より良い楽器としての身体を作り上げ、それを自由に駆使し多彩な声が出せる技術を学び、更には聴衆の共感を呼び起こす「歌の表現力」を培うといった一連のプロセスが必要です。プロとして長く生きて行く為には、ボイストレーニングの方法を含め、習うべき事が多くあるだけに経験豊かな指導者の下で着実に修得していく事が、結局のところは目的に到達する一番の近道だと思います。


  • 小柳由香里 アンミュージックスクール、ボーカル科にてボイストレーニングを山下美音子氏に師事。その後、rockin' on渋谷陽一さんの目に止まり、3人女性コーラスユニットで、2000年にシングル、2003年にアルバムをリリース。アルバムでは、数多くのカバー曲(リード&バッキングボーカル担当。)を収録。自身のアカペラコーラスグループやバンドのバックコーラス等で都内のイベント、ライブ等で活動中の他、都内でボイストレーナーとしても活動中。ANに入学を決めた動機は、『正しい発声や歌唱表現』を始めとしたボイストレーニング・音楽理論等のボーカルとして学ぶべき授業が、カリキュラムの中に全て揃っていたからです。感想として、ANは『本気で音楽を学びたい』という志を持つ人が集まるスクールです。先生方を始め、仲間やスタッフの方々、みなさんに「音楽と真摯に向き合う」という大切な事を教えて頂ける場所です。今も「自分が選んだ道は間違っていなかった」と自信を持って言えます。
  • 平田志穂子 アンミュージックスクール、ヴォーカル科にてヴォイストレーニングを山下美音子氏に師事。6歳から17歳まで、クラッシクピアノを学び、12歳よりSOUL MUSICに魅了され、70年代・90年代ソウルに影響を受けて歌を始める。現在、上田正樹bandに、バックコーラスで参加、またソウル系カバーバンドの所属、某事務所所属作家の作品への仮歌録音、コーラスなど、幅広く活動を行っている。アンに入学を決めた動機は、本格的に歌の技術やヴォイストレーニングを学びたいと思い入学しました。素晴らしい先生に恵まれて沢山のアドバイスをいただきましたが、やはり、掴みとろうとする情熱と試行錯誤が一番大切であると思いました。ANの先生や、生徒さんから刺激をもらい、楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。
  • 鎌田みずき アンミュージックスクール、ボーカル科にてボイトレなどのボーカル実技を山下美音子氏、石崎千穂氏に師事。在校1年目にはじめたバンドannarhythmでは、都内を中心にライブハウスやショッピングモールなどで活動中。同バンドで出場した東京バンドサミット2007で動員賞を受賞。その他に個人では、レストランやホテル、ライブバーなどでの演奏や衛星放送のカラオケチャンネルのガイドボーカルなどを手掛ける。アンに入学を決めた動機は、見学をしたボイトレの授業で、今私がボイストレーニングの方法などを教わっている山下美音子先生の授業を見学させていただいたのですが、ものすごい迫力でダイアナロスとホイットニーヒューストンの曲を教えながら歌ってらっしゃいました。その歌の圧力というか、パワーに圧倒されて、文字の通り開いた口がふさがらなかったのを覚えています。その授業を見学して、この人に教わるしかないな、と思い、この学校に決めました。
ボーカル実技体験レッスンはコチラ
音楽学校アン・ミュージック・スクール トップへ無料体験レッスンの予約はこちら資料請求はコチラ