スタッフブログ

☆アコースティック・ナイトVol.28 レポート!

8月18日(日) アコースティック・ナイトVol.28開催!

 

夏休みの最終日にもかかわらず、今回は10組もの出演者が集ってくれました!
お友達やご家族を呼んでいる人も数名いたので、いつもとはまた違った雰囲気のアコナイです。

トキタ
トキタ
緊張のせいなのか、レスポンスがおとなしい…(笑)
チャーリー林
チャーリー林
私はPAに徹しますので、あとはお任せします…。

 

① 廣池美由紀

トップバッターは、ヴォーカル科の廣池さんです!
今宵も新たな弾き語り新境地に挑戦いたします。

 

カバーを3曲披露。異国情緒漂う廣池さんらしいマニアックな選曲です。
今回も足元にはルーパー。アルペジオやストロークを重ねていきます。

 

 

相変わらず、とても伸びやかな歌声です。
初のギターソロにも挑戦。ご本人は謙遜していましたが、とてもよかったです。

 

トキタ
トキタ
廣池さんのフェンダー、めちゃくちゃ良い音してました!

 

② 辻岡花那子&斉藤智生

続いては、ヴォーカルの辻岡さんと伴奏の斉藤くんコンビ。
カバーを2曲披露してくれました!

 

 

1曲目はパワフルな邦楽ナンバー。
今までにない選曲で、いつもとは違う一面をみせてくれましたね~

 

 

2曲目は、しっぽりバラードで。
こちらは本領発揮といった感じで、曲の世界観と辻岡さんの切ない歌声がマッチ。
好きな曲なんだろうなぁ、というのがすごく伝わってきました。

 

トキタ
トキタ
本人的には悔しさの残るステージだったようなので、またぜひリベンジしに来てほしいと思います!

 

③ 柏崎彩花&斉藤智生

お次は、ヴォーカルの柏崎さんと伴奏は引き続き斉藤くんです。

 

 

お久しぶりの柏崎さん。今回が2回目の出演です。
前回は1曲しか聴けなかったのですが、今回はカバーを2曲歌ってくれました。

 

 

中音域がとても魅力的な柏崎さんの声。男性ヴォーカルの曲を雰囲気たっぷりに歌い上げます。少しかすれる語尾がとても情緒的で、彼女の個性が際立ちますね。

 

トキタ
トキタ
柏崎さんの髪色やファッションも毎回違って、密かに楽しみにしている私です。

 

④ 柿沼薫

お次の登場は、弾き語りの柿沼さんです!
入学以来、毎回出演してくれて嬉しい限りでございます。

 

 

毎回きちんと2曲カバーして、ライブで披露してくれる柿沼さん。えらい!
その選曲も彼女のキャラクターに合っていて、聴いているだけで和みます。

 

 

コードチェンジがスムーズで、またギターが上手になっていました。
それに、間違えても堂々と最後までやり通すあたり。腹が据わっていて、感心してしまいます。

 

トキタ
トキタ
柿沼さんには、肩肘張らない”癒し”のようなものを感じるのです。私も歳ですかなぁ…

 

⑤ 新藤大地

前半戦最後に登場いたしますのは、弾き語りの新藤くんでございます。
お久しぶりです~!

 

 

何度かお声がけをしていたのですが、今回やっと実現いたしました。
渾身のカバーを2曲。おそらく歌い込んでいるものと思われます。

 

 

ギタリストなだけあって、歌の伴奏でも培ってきたテクニックが活きています。
最後に聴いた時と比べると、歌声が変わったような気がしましたね。
高音が丸くなったというか、渋くなったというか!

 

トキタ
トキタ
長く歌っていくと人生経験が声音に反映されたりして、その変遷もいいものですよね~

 

チャーリー林
チャーリー林
あっという間に後半突入ですね。今回は機材トラブルもなくてありがたや~

 

⑥ 石原光陽

前半戦のトップバッターは、これまたお久しぶり。
ヴォーカル科OBの石原くんです!

 

 

2016年にアンを卒業して以降、「Koyo」というアーティストネームで都内を中心にライブ活動をしている石原くん。すっかり弾き語りの人となって、カムバック。

 

 

オリジナルを2曲披露。黒の衣装、目にかかる前髪、そして裸足で歌うスタイルは徐々に出来上がったものなのでしょうか。
しっかりと自分の”見せ方”を意識しているあたり、ライブ活動の賜物ですね。

 

トキタ
トキタ
今後はバンドでの活動もしていく模様の石原くん。陰ながら活躍を期待しております!

 

⑦ 井手口裕

いつもは加村さんとのデュオで登場のギターの井手口くんが、今日はソロでの登場です!

 

なにやら最近はピアノにも目覚めたらしく、インストで演奏してくれました。
この季節にぴったりの選曲で、なかなかに上手で笑ってしまいました。

 

 

ピアノリサイタルの後は、ギター、ウクレレと楽器を持ち替えてのメドレー。
名曲達をインストフルコースで楽しませてくれました。

 

トキタ
トキタ
慣れない楽器を必死に弾く姿は、妙に好感度があがります(笑)

 

⑧ 斉藤智生&井手口裕

続いては、たまに結成するこのコンビ。
ヴォーカルの斉藤くんと伴奏は井手口くんでお送りします。

 

 

まずは、斉藤くんのピアノ弾き語りから。
久しぶりのソロ演奏。洋楽の名曲ナンバーにあえての挑戦。真摯に、そして斉藤くんらしい熱い歌声でしたね。

 

 

2曲目で再びピアニスト井手口くんが登場。
以前ギター伴奏でやった曲を、今回はピアノ伴奏バージョンで披露。しかも井手口くんがコーラスで歌うというサプライズ付き!激レアです。

 

トキタ
トキタ
なんだかこの2人が一緒になると、ホッコリするステージになりますな(笑)

 

⑨ 三輪真子&大内義子

初タッグとなります。ヴォーカルの三輪さんとピアノ伴奏の大内さんです。

 

 

こちらは1曲入魂でございます。R&Bを得意する三輪さんですが、今回は静かに歌い上げる邦楽にチャレンジいたしました。
大内さんの優しいピアノの音色から曲が始まります。

 

 

最近は積極的に人前で歌っている三輪さんです。しっかりと前を見据えて、言葉を届けます。以前の彼女と比べると、格段に”意思”のようなものが表れてきている気がしますね。

大内さんのピアノは、大内さんの人柄そのまま。まるで見守るような伴奏です。

 

トキタ
トキタ
純粋に目標に向かってまい進する三輪さんを、ずっと応援していますよ!

 

チャーリー林
チャーリー林
いよいよ最後だね~!

 

⑩ 柴田麻衣子&井手口裕

最後は、お仕事から駆けつけてくれました。
ヴォーカルの柴田さんとギター伴奏の井手口くんです!

 

 

初の組み合わせですね。柴田さんが大好きなアーティストの曲をカバーしました。
ギター伴奏バージョンも渋くてとてもいいです。

 

 

その歌いまわしや表情に、アーティストへのリスペクトを感じます。
聴く人に「笑顔と歌声で感動を届けたい」という柴田さんの思いが、そのまま歌声に乗って伝わってきました。

 

トキタ
トキタ
歌える事への感謝を忘れない柴田さん。そういう姿勢が本当にすばらしいです!

 

 

おわりに

今回の10組の出演者のみなさん、本当にありがとうございました!
そして伴奏してくださった、斉藤くん、井手口くん、大内さん。

いつも本当にありがとうございます。

次回の日程はまだ決まっていませんが、決まり次第すぐにお知らせいたします。

トキタ
トキタ
それでは、またお会いしましょう!さようなら~
ABOUT ME
トキタ
トキタ
アン事務局の紅一点スタッフ、トキタです!歌ったりギターを弾いたりします。ギブソンとB級パニック映画とハイボールをこよなく愛しています。
今すぐ無料体験レッスン!

アンの無料体験は、一度で変化を実感できる

「数多くの著名なプロを輩出」「ポピュラー音楽教育機関として半世紀以上の運営」という実績を支えているのは“教育内容に対する信頼”です。