講師紹介

ギター

水上聖
●エレキギター ●作曲 ●DTM ●音楽理論
ANのギター科を特待生で修了。在学中は鈴木康允氏に指事。加古隆氏の作曲セミナーにも参加し、優秀な成績を修める。幅広いセンスを身につけたミュージシャンの育成に努める氏の授業は、わかりやすさに定評がある。また授業外でも気軽に生徒とのセッションを行い、音楽をクリエイトする楽しさを伝えてくれる。水上講師の紹介記事はコチラ

直居隆雄
●ジャズギター ●ジャズアンサンブル
青山学院大学中退後、プロに。70年ニューヨークへ留学、帰国後はスタジオ・ミュージシャンとして多彩なジャンルで活躍する一方、クラブではストレートなジャズをプレイし、渡辺貞夫、日野皓正、向井滋春、土岐英史、益田幹夫等のグループに参加。また最近ではアレンジング、プロデュースを数多く手がけ、プレイヤーとして、またプロデューサーをして「今、心から音楽が楽しい。」と語る。

平野融
●アコースティックギター ●ウクレレ
慶応大学在学中より荒井由実のバッキングメンバー(ベースマン)としてプロ活動を始める。作・編曲家として活動しながら、サンバグループ“カリオカ”を結成。キティレコードから、レコードをリリース。1980年から“カーティス・クリーク・バンド”の活動を開始。ワーナーパイオニアからアルバムを3枚リリース。その後、ドラマ、映画の音楽、様々な場でのBGMも作成。平野講師の紹介記事はコチラ

エレキギターのページへ

アコースティックギターのページへ

ピアノ

塚山エリコ
●ピアノ ●ジャズピアノ(オルガン) ●アレンジング
高校在学中にプロ・プレイヤーとしてデビュー。コンサート、ステージライブ、TV、ラジオなどで活躍。 1987年頃よりスタジオ・ワークを中心に作、編曲家として活動。 中森明菜・島田歌穂等、数々のアーティストのアルバム制作、プロデュース、ドラマ、ゲーム、映画、ミュージカルの音楽制作、CM等、幅広い活動を行っている。 ジャズやポップス、フュージョン、ブラックミュージックをベースとした、シンプルでセンス良いコンテンポラリーなサウンドを得意としている。

半沢友紹
●ピアノ ●音楽理論
大学在学中にANに入学。在学中から演奏活動を開始し、多くのポップス系歌手のバックを務める。ANを特待生で卒業後バークリー音楽大学へ留学し、卒業後帰国。現在、作・編曲・演奏家として、CMやゲーム音楽、コンピュータープログラム、データ制作等を中心に活動中。「日本人は自己主張・自己表現が不得手と言われているが、自分の言葉で音楽を語れるようになってほしいと思う。」

羽仁知治
●ジャズピアノ
幼少よりピアノをはじめ、独学にてジャズピアニストを志す。自由学園高等科卒業後、ジョージ大塚、金井英人、植松孝夫、等のグループのピアニストとしてプロ活動を開始。上田正樹・田中健・つのだひろ等をはじめに、多くのアーティストのレコーディング・ステージサポート・作曲・アレンジ・CM音楽制作…etcを手掛ける等、幅広く活躍。今までに4枚のリーダーアルバムをメジャーレーベルより発表。

ピアノのページへ

ベース

樋澤達彦
●エレキベース ●リズムグルーヴ ●アンサンブル
16歳よりベースを始め、様々なジャンル、スタイルのツアー・レコーディングに参加。鈴木勲、松本英彦、西城秀樹、MALTA、KUWATA BAND、サザンオールスターズ、渡辺美里、小林武史、MY LITTLE LOVER、CHARA etc…。最近はバンドトレーナー等も務める。様々なジャンルのGrooveを深く追求し、自分の経験に基づき、形にとらわれずに教えることが信条。

松野圭悟
●エレキベース ●リズムグルーヴ
アンミュージックスクールを特待生で卒業、在学中よりサポート活動を開始。
2007年バンド TSUBAKISTA でCDデビュー。バンド解散後、再びサポート活動再開。
これまでの主なライブサポート&レコーディング
Chage  W-inds.  奈美悦子 鈴木聖美 丹下桜 登坂亮太 TiA など

山本裕之
●ウッドベース ●エレキベース
アンを特待生で卒業。在学中から中村誠一、直居隆雄、岩見和彦fromナニワエキスプレス、中路英明、大槻カルタ英宣、類家心平、矢野沙織、寺屋ナオなど様々なセッションを経験する。サポートベーシストとして数多くのライブサポート、ツアー、レコーディングを経験する。2017年より世界的なジャズピアニスト山中千尋の国内ツアーや、国際フォーラム、ビルボード、コットンクラブなどで行われたライブに参加。

エレキベースのページへ

ウッドベースのページへ

ドラムス

植田充弘
●ドラムス
ANドラムス科を特待生で修了。在学中は、ドラムス実技を樋口講師、長谷部講師に師事。現在はサポートミュージシャンとして、ライヴツアーやセッションを中心に活動。ドラムの技術のみならず“バンド全体を俯瞰できる能力・周りを支える為の対応力”が身につくレッスン内容で、高い評価を得ている。生徒から信頼されている人気若手講師の一人。植田講師の紹介記事はコチラ

長谷部徹
●ドラムス・ゼミ
17歳の時、アイドル・グループ「アンク」のドラマーとしてプロ・デビュー。82年伊東たけし率いる「ザ・スクェア」に参加し、アルバム制作。ライブ・ツアーでリズム・セクションをサポートする。現在はスタジオ・ワークを中心に活躍中。熱中すると時間にとらわれず、生徒に疑問を残させない氏の授業は、常に新鮮な発見と驚きの連続である。

ドラムスのページへ

作曲・アレンジ

小池修也
●作曲 ●DTM
大学在学中よりギタリストとして活動を開始し、多くのアーティストのサポートミュージシャンとしてライヴ及びレコーディングで活躍。89年頃より作曲家として楽曲提供を開始、また原盤制作ディレクターとしてアーティストの育成及び制作も手掛ける。現在も作曲家、アレンジャーとして活動するかたわら、後進の育成に意欲的である。

羽岡仁
●作曲 ●ヴォーカル
CM、TV番組のテーマ等の作・編曲をはじめ、作詞、訳詞も含め、数多くのアーティストに作品を提供するなど、ジャンルを超えたマルチな活動を続けている。教室では、その豊富な経験から個性の発見をコンセプトに、密度の濃い授業が進められている。

塚山エリコ
●ピアノ ●ジャズピアノ(オルガン) ●アレンジング
高校在学中にプロ・プレイヤーとしてデビュー。コンサート、ステージライブ、TV、ラジオなどで活躍。 1987年頃よりスタジオ・ワークを中心に作、編曲家として活動。 中森明菜・島田歌穂等、数々のアーティストのアルバム制作、プロデュース、ドラマ、ゲーム、映画、ミュージカルの音楽制作、CM等、幅広い活動を行っている。ジャズやポップス、フュージョン、ブラックミュージックをベースとしたシンプルでセンス良いコンテンポラリーなサウンドを得意としている。

作曲・アレンジのページへ

ヴォーカル

石崎千穂
●ヴォイス・トレーニング ●ヴォーカル
4歳でピアノを始める。高校在学中にミュージカルに目覚め、東京音楽大学に進み、声楽専攻。ジャズダンスを始めるとともに、企画、構成、演出すべての手作りのミュージカルグループを結成。ミュージカルでは、スタッフ、稽古場ピアニスト、歌の指導。ANでは、ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして精力的に活躍中。ヴォイス・トレーニングの紹介記事はコチラ

笠木新一
●ヴォイス・トレーニング
東京芸術大学卒業後、役者として劇団四季へ。歌・芝居の発声を実践的に修行し、そこで培ったノウハウを後進の指導に生かす為にヴォイストレーナーとなる。現在はANを中心にヴォーカリストの育成に情熱を注いでいる。“モーニング娘。”等のヴォーカル指導でも話題となり、その熱血ぶりと指導の高さには定評がある。ヴォイス・トレーニングの紹介記事はコチラ

塩谷恵美子
●ヴォーカル ●ヴォイス・トレーニング
AN在学中は亀渕友香氏に師事。ソウル、ロック、ゴスペルを学ぶ。Saltie名義で2006年テレビ東京『美の巨人たち』エンディング、南佳孝とのデュエット曲でCDデビュー。
ソロ活動と共に、SEKAI NO OWARI、トータス松本、スティービー・ワンダーSUMMERSONIC2010クワイア参加。自由に表現する為のフィジカルトレーニングと実際の楽曲へのアプローチ方法を分かり易く伝える事を心がけている。ヴォイス・トレーニングの紹介記事はコチラ

長田俊太郎
●ヴォーカル ●ヴォイス・トレーニング
ANでボイストレーニングや音楽理論・作曲などを学ぶ。
在学中は石崎千穂氏・笠木新一氏・羽岡仁氏に師事事。修了後、アカペラユニット「the☆free style」をはじめとする数々の音楽活動を経てボイストレーナーとなる。
都内の高校から音楽プロダクション内の養成所などで幅広い層の指導にあたっている傍ら自身のライヴ活動や作詞家としての作品提供なども行っている。ヴォイス・トレーニングの紹介記事はコチラ

羽岡仁
●ヴォーカル ●シンガーソングライター
CM、TV番組のテーマ等の作・編曲をはじめ、作詞、訳詞も含め、数多くのアーティストに作品を提供するなど、ジャンルを超えたマルチな活動を続けている。教室では、その豊富な経験から個性の発見をコンセプトに、密度の濃い授業が進められている。

山下美音子
●ヴォーカル
国立音楽大学声楽科卒業後、ステージ活動、ヴォイス・トレーナーとして活躍。現在は演劇集団「円」の講師、ロイヤル・ダンシングチームの講師を兼任。豊富なキャリアを生かしたヴォーカル・トレーニングは定評がある。

ヴォーカルのページへ

今すぐ無料体験レッスン!

アンの無料体験は、一度で変化を実感できる

「数多くの著名なプロを輩出」「ポピュラー音楽教育機関として半世紀以上の運営」という実績を支えているのは“教育内容に対する信頼”です。