和田亜矢子

大学生 東京都出身
ベース科
マスターコース

アンに入学した動機は何ですか?
アンのベース科講師をされている樋沢先生と親交があり、そのご縁でアンを紹介して頂いたのがきっかけでした。私自身「ベースは、他の楽器があってこそ生きる」という考えを大切にしているので、バンドアンサンブルが充実しているなら入学してみたいなと思いました。その後、授業見学してみたら凄く面白そうなので速攻で入学を決めてしまいました!今は、基礎力を鍛え直すためのマンツーマン実技も受けるくらいアンにハマっています。ここまで楽しいと、きっと先生の紹介がなくてもアンに入学していたと思いますね。

バイトと授業は両立できていますか?
最初は勉強になると思い、夜にハコバンでベースを弾いていました。でもしばらく経つと仕事として納得できるレベルか悩む様になったので、今はライブハウスで働いています。こんな感じで自分の都合を優先してバイトを変えても、アンは時間の都合を聞いてくれるので助かってますね。大学、バイト、音楽がバランス良く組めているので両立できています。アンは大変だと思いますけど、自分の生活スタイルを大切にしてもらえるのは嬉しいです。

今後はどの様な活動をしていきたいですか?
ワールドワイドなベーシスト!! 英語の勉強もしていますし、共演したいミュージシャンが世界中にいます。今は引き出しを増やす為アンで勉強して、音楽的な視野を更に広げていきたいですね。そして、生きている限り音楽を仕事にしたいです!


市瀬文悟

高校二年 東京都出身
ヴォイスカンパニー
セレクティブコース

アンに入学した動機は何ですか?
ヴォーカルに興味があったので、高校に入学して軽音楽部で頑張ろうと考えていたんです。でも、自分が好きなR&Bやソウルといった黒人音楽に共感してもらえる人がいなくて入部を諦めてしまいました。やっぱり皆J−POP好きで(笑)。それで、本気で歌を勉強して上手くなる為にどうしようと悩んでいたら、母がアンを紹介してくれたんですよ。それで、見学と体験授業を受けたら「自分のやりたい事が教えてもらえる」と強く感じたので入学を決めました!通学しながら自分の習いたい事がプロから学べるし、好きな科目を選べるコースがあるのも助かりました。幡ヶ谷駅で交通の便が良いという点も嬉しかったです(笑)。

高校と授業は両立できていますか?
週1ペースでの授業ですし、これから高度な内容になっても復習する時間があるので両立できると思います。今はスリーコードなど基礎の部分を勉強しているので、高校の勉強には影響がでてないですし、独学でギターを練習する余裕もあります。もう少しなれてきたらピアノも練習に加えようかと思っています(笑)。

今後はどの様な活動をしていきたいですか?
作曲、アレンジなども今後勉強して、カントリー、ブルース、ロックなどの様々なジャンルを自分の中に取り込んで、ジャンルを越えた個性を表現できる音楽を作りたいです。それと、やっぱり洋楽が好きなのでアメリカで勝負するミュージシャンになりたいと思っています。


保利由美子

社会人 福岡県出身
ピアノ科
セレクティブコース

アンに入学した動機は何ですか?
私は3歳からクラシックを習っていたのですが、ある時ジャズピアノに興味を持ち、ジャズピアノが弾ける譜面を買って弾いたんです。でも、アドリブ・ソロまで譜面に書かれていて、どうしても譜面にジャズを弾かせてもらっている感じがして…なんだか納得できませんでした(笑)。それから色々と考えたのですが、悩んでるより東京に行って本格的に勉強しようと決心して、1年間お金を貯めて学校選びをしました。学校を選ぶ条件として「社会人をしながら通学できる」を最優先にしていたので、毎日通学や時間の融通がきかない学校は嫌でした。それで、しばらく探していたらアンが自分の希望通りだったので、学校説明を申し込みました。アンは昔からジャズも有名でしたし、学校や授業内容も気に入ったので入学を決めました。。

社会人とアンの授業は両立できていますか?
出来ていると思います。ただ、最近では授業と仕事以外にバンドを2つ掛け持ちしていますので時間のやりくりが大変になってきました。でも、福岡から夢を持って出てきたので頑張りますよ!(笑)。

今後はどの様な活動をしていきたいですか?
プロのジャズピアニストとして、自分のバンドや歌の伴奏をしながら、自分らしいプレイで人に楽しんでもらえることが目標です。その為に、これからもしっかり勉強して練習していきます。


石塚一生

日経新聞奨学生 福井県出身
ギター科
マスターコース

アンに入学した動機は何ですか?
福井県の短大に通っていた頃から、卒業したら東京の音楽学校に行くことを決めていました。それで、学校を選ぶ中で、短大の先生からアンを紹介して頂けました。自分でもアン以外の学校へ見学にも行きましたが、内容に満足できなかったり、見学できずに学校の機材の紹介で終わったりで…(苦笑)。そんな中で、アンの体験授業で今でもギター実技を担当して頂いている伊谷先生に出会いました。音楽理論を絡めながらギター授業を進めていくので「この授業を受ければ絶対上手くなれる!」と確信しましたね!いや本当に(笑)実際、自分で言うのもアレですが、入学時よりかなり上手くなったと思います。アドリブも自信を持って弾けるようになりましたし。

新聞奨学生と授業は両立できていますか?
はい!バッチリです。新聞奨学生は住まい、授業料、食事の心配がないし、仕事の時間帯がしっかり決まっているので、不定期なアルバイトより全ての面で逆にスケジュールが立て易いと思います。それに販売所が隣の笹塚駅にあるのでアンまで10分程度で着くから気軽に練習できるのもいいですね。

今後はどの様な活動をしていきたいですか?
音楽で生きていきたいです。読譜力、聴音力、ジャンルの対応力をつけて、沢山の場数を踏みサポート・ミュージシャンとして頑張りたいです。


曲師夕貴

フリーター 東京都出身
ヴォイスカンパニー
セレクティブコース

アンに入学した動機は何ですか?
私は高校を卒業したら歌の勉強したいと思い、3〜4校の学校法人の音楽学校を見に行ったんですが、あまり自分には合わなかったというか…(笑)。そんな時、当時習っていたヴォーカル教室の先生からアンのことを教えてもらいました。早速、山下先生の体験授業を受けに行きました。なんか先生の声や人柄、キャラクター(笑)、とにかく圧倒されました。その時の衝撃は今でも忘れません(笑)。そして高校卒業を待たずに入学しました。

高校とアンの授業は両立できましたか?
私の高校だけかもしれませんが、受験生以外の生徒は3年の2学期からテストも無く、宿題も無かったので、ヴォーカル実技の課題曲も問題無くこなしていました。

今後はどの様な活動をしていきたいですか?
アンに入学する前はバンドを組んでどうとかしか考えていなかったのですが、ヴォーカルの先生は勿論、ヴォーカルの先生以外の先生からも色々な音楽の考え方や接し方を教わり、また、私が所属しているアンのアカペラ・コーラスのサークルでは友達や先輩とライヴやアカペラで歌うことで、自分の考えがとても狭く、音楽に対する意識がどんどん変わっていくのをアンに入学して実感しました。
将来の事はこれからも考えが変わるかもしれませんが、今は、自分や舞台や歌をプロデュースし表現者として、もっと可能性を広げて行きたいと思います。


渡藤弘尊

日経新聞奨学生 大阪府出身
作・編曲科
マスターコース

アンに入学した動機は何ですか?
大阪音大を卒業してから2年間、市の演奏家クラブで作曲家としてホテルやレストランの音楽イベントで仕事をしていました。でも、自分の中では音大で学んだこと以外でまだ足りない物がある気と感じながら過ごしていました。そんな時、ネットでアンを知り授業見学に行ったところ、今お世話になっている羽岡先生に出会う事ができました。マンツーマン授業ならではの、作曲や音楽理論を教えるだけでなく、個々の個性や考えを尊重し伸ばす授業だったので感銘を受けると同時に、この学校なら「足りない物が見つかるかも」と思いアンの入学を決めました。

その後、足りない物は見つかりましたか?
音大では現代音楽を専攻していました。なるべく多くの人に自分の音楽を聞いてほしい半面、調性が違う音楽を調性のあるピアノで表現する矛盾をいつも感じながら演奏していました。そして、お客さんから賛否両論の評価をもらい、それもしょうがないことだと思っていました。でも、羽岡先生の授業を受けているうちに、自分の音楽と聞き手側の間を結ぶ「エネルギー」が存在することを教わり、その「エネルギー」が自分には足りないと気づかされました。今は、その力を充実させて多くのお客さんに感動が伝えられる様になろうと考えています。

今後はどの様な活動をしていきたいですか?
もちろん作曲家として生きていたいです。たくさんの「エネルギー」で誰もが口ずさめるメロディーを演奏し、人の気持ちを動かす作曲家になりたいですね。



音楽学校アン・ミュージック・スクール トップへ資料請求はコチラ