コラム

ヴォーカルこそ楽器を持とう!~歌と楽器のつながり~

はじめに

みなさん、こんにちは!スタッフのトキタです。

トキタ
トキタ
私はスタッフ業の傍らアコギで弾き語りをしているのですが、その中で私が感じるのがヴォーカルこそ楽器を持つと良いことがある!ということです。

今日は、ヴォーカル科の先生方のお話も交えながら楽器を弾くことのメリットをお話したいと思います!

ヴォーカリストと楽器

ヴォーカリストの視点から羽岡仁先生と長田俊太郎先生にお話を伺いました!

羽岡仁先生のインタビュー

トキタ
トキタ
羽岡先生ご自身もステージでピアノやギターで弾き語りをしたりバンドで歌ったりされていますが、ヴォーカリストが楽器を持つとどんなメリットがありますか?
羽岡先生
羽岡先生
ヴォーカルは生身の体が楽器ですから自分の出す音というのは感覚でしかない。しかし、ピアノやギターなどのコード楽器と共に歌っていくことでコード感も身につくしスケールもわかるようになります。
トキタ
トキタ
まさに”身体を楽器にしていく”作業の一環になるんですね!
羽岡先生
羽岡先生
そう、ピッチが良くなるというのが最大のメリットですね。歌い出しなどの最初の一音をなにも指標がない所から発声するわけですから、自分の中にしっかりとした音階がないといけない。それに、楽器をやることでピッチだけではなくリズム感も身につく。こんなに良いことはないね。
トキタ
トキタ
なるほど~良いことづくしですね。羽岡先生、お答えいただきありがとうございました!
まとめ

・ピッチ(音程)が良くなる。
・スケール感が身につく(フェイクなどもできるようになる)
・リズムが良くなる。

 

長田俊太郎先生のインタビュー

トキタ
トキタ
長田先生は、レッスン時にピアノを弾かれていますし、アカペラサークルでのパフォーマンス経験が豊富ですよね。長田先生が思う楽器を弾くメリットとはどんなものでしょうか?
長田先生
長田先生
ヴォーカルの生徒たちには「演奏できるようにならなくてもいいからまず触ってごらん」と言っています。それは、まず正しい音や音の構造を知りなさいということやがては、楽曲の理解力にも繋がりますからね。
トキタ
トキタ
ちなみに、楽器に触れるというのはバンドで歌う際にも役立つと思うんですが、長田先生の経験上からのお話を聞かせてください。
長田先生
長田先生
まずバンドのアレンジに参加できるようになります。他の楽器が鳴らしている音にも気付けるし、そこからバンドとのコミュニケーションをとれるというのはすごく大事なこと自分の曲をバンドで演奏した時は、本当に感動したのを今でも覚えていますね。
トキタ
トキタ
ぜひみなさんにもその感動を味わってほしいですね。長田先生、貴重なお話ありがとうございました!
まとめ

・音の構造を知ることで、楽曲への理解が深くなる。
・バンドに入っても、アレンジやサウンドの話に参加できる。
・バンドとしての感動が味わえる!

 

こんなにおもしろい!弾き語りのお話

弾き語りのアーティストといえば、最近だと「あいみょん」が大人気ですね。彼女に影響されて弾き語りを始める女子中高生が増えているように感じますが、この「弾き語り」がうまくなるコツのようなものをご紹介したいと思います!

                                                                                       イラスト:トキタ

 

練習するときは歌と一緒に

自分の歌の合いの手を自分で入れるわけですから、練習する時も別々ではなく歌と一緒に練習してみてください。何度もやっていく内に、楽器が体の一部になり呼吸が合っていくはずですよ。

歌うように弾いてみよう

ヴォーカルは歌が歌えるのですから、同じように楽器でも歌えばいいのです。
大声でシャウトしたり、小声で囁いたり…楽器でも同じです。強く弾いたり優しく弾いたり、音で表現していけるようになれば自分の伴奏が歌をより後押ししてくれるようになります。

難しいことをしようと思わなくていい!

どうしてもかっこいいことしたくなりますよね 笑
しかし、弾き語りはあくまで歌がメイン。シンプルなコード弾きで十分なのです。きちんと確実に音が鳴らせていれば、ストロークひとつでいろんな表現ができます。まずはそこから意識してみてください。

 

最初の一歩を踏み出すには?

                               イラスト:トキタ

なんのことはありません。まずは自分の好きなアーティストや好きな曲を1曲コピーしてみましょう。できれば簡単な曲からがいいですね。

トキタ
トキタ
最初はもどかしい思いをすると思いますが、一度でも「弾けた」という感覚がわかると格段に面白くなります。

成果を実感するまでには我慢が必要です!でも、必ずや自分の表現の支えてくれる武器になりますよ!それではまた!

ABOUT ME
トキタ
トキタ
アン事務局の紅一点スタッフ、トキタです!歌ったりギターを弾いたりします。ギブソンとB級パニック映画とハイボールをこよなく愛しています。
今すぐ無料体験レッスン!

アンの無料体験は、一度で変化を実感できる

「数多くの著名なプロを輩出」「ポピュラー音楽教育機関として半世紀以上の運営」という実績を支えているのは“教育内容に対する信頼”です。